IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

「2IPアドレス範囲・IPアドレス展開」ツールの使い方

「2IPアドレス範囲・IPアドレス展開」ツールは、
2つのIPアドレスを入力することで、
その範囲に含まれるIPアドレスを確認するツールです。
範囲を確認するとともに、
その2IPアドレスを共に含むCIDR形式のIPアドレス範囲を確認できます。

 

「2IPアドレス範囲・IPアドレス展開」ツール

「2IPアドレス範囲・IPアドレス展開」ツールは以下で利用できます。

 

ページを開くと以下のような、
2つのIPアドレスを入力するフィールドが表示されます。

初期値ではサンプルとして
192.168.1.1 - 192.168.255.254 」が、
表示されていますがカーソルを入れると自由に入力できます。

twoip2extip_st01

01_2IPアドレス範囲・IPアドレス展開ツール

 

CIDR範囲が狭い場合(個別表示)

ここでは一般的な「 192.168.1.1 - 192.168.1.254 」を入力します。

入力したら[IPアドレス範囲展開]をクリックします。

twoip2extip_st02

02_IPアドレス範囲の入力

 

下部に入力した範囲から求めたCIDRのネットワーク情報が表示されます。

twoip2extip_st03

03_CIDRによるIP範囲情報

 

さらに下には求めたCIDRに含まれる実際のIPアドレスが表示されます。

詳細は後述しますが、
このツールによる計算結果はIPアドレスに
192.168.1.1 - 192.168.0.254 」と入力した例では、

入力していないIPアドレス「192.168.1.0」「192.168.1.255」が範囲に含まれます。
これはIPアドレスからネットワーク範囲を求め、
そのネットワーク範囲内のIPアドレスを表示している為です。

twoip2extip_st04

04_IPアドレス個別展開

 

さらに下部には入力したCIDRがグローバルアドレス以外を含む、
特殊IP属性に該当していた場合に、特殊IPの属性を表示します。

この場合、プライベートアドレス(ローカルアドレス・LAN)ですので、
以下のように表示されます。

twoip2extip_st05

05_特殊IPアドレス属性情報

 

IP範囲が広い場合(範囲表示)

先ほどは含まれるIPアドレスが255個のIP範囲を指定しました。
255個を超えるIPアドレスを指定した場合の表示例をご紹介します。

IP範囲に対して「 192.168.1.1 - 192.168.255.254 」と入力します。
この場合、ネットマスクが16ですので「65,536個」のIPが含まれます。

twoip2extip_st06

06_広範囲CIDR指定

 

表示されたCIDRのネットワーク情報では「65,536」が表示されています。

twoip2extip_st07

07_IPアドレス情報の確認

 

展開されたIPアドレスの一覧は以下のように範囲表示になります。

IPアドレスの展開を目的としていますので、
CIDR形式による表示ではなく「2IPアドレス範囲」で表示しています。

表示されている「2IPアドレス範囲」リンクをクリックすることもできます。

twoip2extip_st08

08_IPアドレス展開の範囲表示

 

「2IPアドレス範囲」をクリックすると、
その範囲をCIDR形式表示で確認することができます。

2IPアドレス範囲に含まれるIPアドレスも再展開され下部に表示されます。

twoip2extip_st09

09_範囲からの再展開表示

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

IPアドレスからのCIDR算出概要

2つのIPアドレスから、CIDR形式のネットワークを求める方法として、
当サイトでは以下のようなルールで処理しています。

入力例1

192.168.0.1 - 192.168.0.255 」と入力した場合です。

twoip2extip_st11

11_範囲入力例1と算出手順

 

まず、それぞれのIPアドレスから、二進法のビットパターンを求めます。

求めたビットパターンの末尾(右)から順に比較していき、
頭(左)からのビットパターンが同じになる位置を求めます。

この場合、右から8桁取り除いた24桁が一致しています。
192.168.0.1 = 「11000000.10101000.00000000.00000001」
192.168.0.255 =「11000000.10101000.00000000.11111111」

これがネットマスク部(24桁)になります。
右から8桁はホスト部になります。

ネットワークアドレスはホスト部がすべて0になるアドレスですので、
ネットワークアドレスは「11000000.10101000.00000000.00000000」になります。
これは「192.168.0.0」を表しています。

先ほどのネットマスク部(24桁)を「/24」と表記し、
求めたIPアドレス範囲(CIDR)は「 192.168.0.0/24 」となります。

 

入力例2

192.168.0.55 - 192.168.0.255 」と入力した場合も、
求め方は同じです。

twoip2extip_st12

12_範囲入力例2と算出手順

 

同じように計算することで、結果は「 192.168.0.0/24 」となります。

このように入力したIP以外のIPアドレスが、
算出したCIDR形式のネットワークに含まれる点に注意が必要です。

これは入力した2つのIPアドレスを一緒に満たして、
同一ネットワークの形成をする場合を想定しています。

 

入力例3

192.168.0.130 - 192.168.0.255 」と入力した場合には、
結果は変わってきます。

twoip2extip_st13

13_範囲入力例3と算出手順

 

ビットパターンを比較すると、25桁目までが一致しています。
その為、ホストビット部分が7桁になります。

ホストビット部がすべて0の値がネットワークアドレスになりますので、
4オクテット目(一番右)のビットパターンが「10000000」となり、
10進表記で表すと「128」になります。

結果としてネットワークアドレスが「192.168.0.128」となり、
ネットマスクが「/25」となります。

 

利用シーン

2つのIPアドレスからCIDRを求めるツールの必要性は、
あまりないかもしれません。

プロバイダなどが自身のサービスで利用するIPアドレス範囲を、
公開している場合もCIDRネットマスク形式(192.168.0.1/24)がほとんどです。

 

しかし、すべてがそうとは限ったことではありません。

2つのIPアドレスを範囲として提供される場合もあります。

 

そんな時にはCIDRネットマスク形式に変換し、
.htaccessに指定するといいでしょう。

 

既にこうしたネットマスクに関連するツールはあるかと思いますが、
実際に含まれるIPアドレスが表示されるサイトをあまり見かけませんでしたので、
自分の確認用を兼ねて作成しました。

何かのお役に立ちますと幸いです。

 


AdMax Promotion

公開日:
最終更新日:2015/02/12

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。