IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

IPアドレスの情報を手で計算をしてみよう

IPアドレスはコンピュータが内部で効率よく計算をすることが考えられていて、
人間にはちょっと計算しにくい部分があります。
ですが、慣れてしまえばIPアドレスの様々な情報を、
手計算で求めることも可能です。
ここでは、様々な計算を手で行う例をご紹介します。

 

255までの数値を紙とペンでビットパターンに変換する方法

IPアドレスの計算やビットパターンの確認では、
Windows電卓やツールなどを利用すると簡単です。
しかし、そうしたツールがない状態でビットパターンを求めたい場合には、
紙とペンを使って計算で求めることもできます。
ここでは255までの数値を単純作業でビット化する手順をご紹介します。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

1が1つだけ立ったビットパターンと2の乗数は計算すら不要です

試験などでよくみかけるネットワークIPアドレスを求めるような
問題はよく見かけます。
そんな時にたまに出てくるような8桁のビットパターンの中から、
どこか1つに「1」が立っているようなビットパターンは、
計算すらいらないくらい簡単に10進数に戻せます。

 

8桁のビットパターンを紙とペンで10進数に変換する方法

IPアドレスやサブネットマスクなどの値を2進数に戻して、
計算した後に再び10進数に戻すような場合には、
紙とペンがあれば簡単に2進数を10進数に戻すことができます。
ここではその手順についてご紹介します。

 

サブネットマスクビット数値変換は逆の発想で手早く求めよう

サブネットマスクのビットパターンはすぐに求められるけど、
それを数値に変換するのが苦手ではありませんか?
ビットのパターンから数値に直す手順をご紹介します。

 

サブネットマスクが分かればサブネット内のIP数は既に分かっている

情報試験などで最初からサブネットマスクの値が与えられている場合、
その時点でそのサブネットマスクで構成される、
1サブネットワーク内のIPアドレス数(ステップ数)は、
単純な引き算で簡単に求められます。

 

サブネットマスクが分かればネットワークIPの数値はすぐに求まる

情報試験などで最初から任意のIPアドレスとサブネットマスクの値が
与えられている場合には、
そのサブネットマスクで構成される1サブネットワーク内の
IPアドレスが属するサブネットワークの「ネットワークIPアドレス」は、
単純計算で求まります。

 

IP・サブネットマスクから手計算でネットワーク情報を求める

IPアドレスとサブネットマスクからネットワーク情報を求めるには、
ちょっとしたコツがあれば手計算でも行うことができます。
ここでは、簡単な手順で求める方法をご紹介します。

 

その他の計算に関しても今後ご紹介していきます。

 


AdMax Promotion

公開日:
最終更新日:2015/02/25

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。