IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

サブネットマスクが分かればネットワークIPの数値はすぐに求まる

情報試験などで最初から任意のIPアドレスとサブネットマスクの値が
与えられている場合には、
そのサブネットマスクで構成される1サブネットワーク内の
IPアドレスが属するサブネットワークの「ネットワークIPアドレス」は、
単純計算で求まります。

 

サブネットマスクが分かればネットワークIPの数値はすぐに求まる

似たような投稿として、以下の投稿を前に行いました。

サブネットマスクが分かると、
構成されるサブネットワーク内のIP数(ステップ数)が、
すぐに求まるという仕組みをご紹介しました。

(公式)

256 - (0以外のサブネットマスクの末尾オクテット値) = IP数(ステップ数)

 

このサブネットワーク内のIP数(ステップ数)が、
すぐに求められることを利用すると、
ネットワークIPアドレスが簡単に求められます。

任意のIPアドレスからの、
「ネットワークIPアドレス」の値を求める問題です。

IPアドレス:192.168.0.56
サブネットマスク:192.168.0.240 のとき、
ネットワークIPアドレスを求めなさい。

 

そんな問題結構目にしますよね。
これも実は、瞬殺です。

ここでサブネットマスクの第四オクテット「240」に着眼します。

IP数(ステップ数)を求める公式に当てはめると、

256-240=16

16が1つのサブネットワーク内のIP数(ステップ数)です。

これは、サブネットワークの第四オクテットが、
以下のような範囲を取るということを示しています。

0~15
16~31
32~47
48~63
64~79
80~95
96~111 ・・・続く

すべて16個のIPアドレス間隔で分割されています。

ステップ数からネットワークIP値を求める

今回求める、第四オクテットの値は「56」です。

56が間に入る範囲は「48~63」ですので、

ネットワークIPアドレスの第四オクテット:48
ブロードキャストIPアドレスの第四オクテット:63

よって、

ネットワークIPアドレス:192.168.0.48
ブロードキャストIPアドレス:192.168.0.63

という、簡単さです。

 

このどの位置に属するかを求めるには計算で求めたほうが楽です。

56(IP値)/16(IP数)= 3.5

この場合、小数部を繰り上げます。

よって「4」となります。

全サブネットワークの4番目に「56」が含まれているとわかります。

 

4番目のサブネットワークのネットワークIPを求めるには、
1番目のネットワークIPアドレスが「0」からになりますので、

4-1=(最初の分をー1)
x16=48

と、ネットワークIPの値「48」が求まります。

 

ここでもし、不安なら、48にさらに16を加算して確認します。

48+16=64

この値が求める値を超過していれば、
求める値「56」は求めた「48」のネットワークに、
正しく含まれています。

 

結果「192.168.0.56/255.255.255.240」の、
ネットワークIPアドレスは「192.168.0.48」となります。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

さいごに

このようにして、サブネットワークで分割されたネットワークの、
ネットワークIPアドレスを求める問題は、

各サブネットワークのIP数(ステップ数)を求めて、
求めるIPアドレスで割って簡単に求めることができます。

 

AdMax Promotion

公開日:

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。