IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

CIDR-CIDR分割・除外・削除ツール v2.0.2

本ツールは複数のCIDRリストから、複数の削除CIDRリスト範囲を
分割・除外・削除を行って、新たな範囲でCIDRを生成するツールです。
処理後は可能な限り、行数の少ない形でCIDR範囲を再生成します。

以下の「入力リスト」に対して元にする複数のCIDR範囲を改行で区切って入力し、
「削除リスト」に対して元にする複数のCIDR範囲を改行で区切って入力します。
[CIDR範囲除外処理]をクリックすると、
「入力リスト」から「削除リスト」の範囲を除いた範囲が、

新たに生成され「除外削除後」に対して表示されます。
下部には除外処理の詳細情報を表示します。

CIDRから分割・除外・部分削除

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

CIDR形式範囲を分割・除外・部分削除

元になるCIDR形式範囲をCIDRリストに複数行で入力します。
削除や除外したいCIDR形式の範囲を削除リストへ入力します。
元のリストから削除リストの範囲が除外されて新たなリストを生成します。
入力されたCIDRは昇順で並べ替え後に処理されます。
同値及び、無効なCIDRは自動的に取り除かれて処理されます。
※1回の実行は 200 行以内でお願いします。

入力リスト

削除リスト

除外削除後

 

まだCIDR範囲の分割・除外処理を実行していません。
上のフィールドに入力し[CIDR範囲除外処理]をクリックすると、
ここに削除処理の詳細が表示されます。

 

尚、本ツールでは「削除リスト」に該当した「入力リスト」の値は、
処理過程で結果が統合されますが、
「入力リスト」側単独(削除範囲に該当しない)のものは、
統合処理は行われません。

また「入力リスト」内のCIDRが重複している場合には、
さらに多くの重複が発生する可能性があります。

 

本ツールの利用前に念のため、
以下のツールで統合をかけて頂けると処理結果が綺麗になります。

 

このツールの使用方法については以下でご紹介しています。

更新履歴情報

Ver. 更新日 更新内容
2.0.2 2018/05/25 処理結果下部にタブ区切りCSVを出力し、結果をExcel等で流用しやすく機能追加。及び、実行結果に表示のCIDR、IP範囲再展開リンクをJavaScriptからURL形式へ変更。
Shiftを押しながらクリック等することで別画面表示を可能にし、
URLから実行結果を開けるように対応。
2.0.1 2018/05/24 /31のネットマスクCIDRが無効データと判定される一時的バグを修正(2018/05別件修正で発生)。
1.2.0 2015/02/26 処理結果を.htaccessへの設定向けテキストリストを表示するよう機能追加
1.0.4 2015/02/21 別件修正の副作用解消(cidr2iprange_num-cidr_numrange_v2)
1.0.3 2015/02/20 削除後に分割が発生する際の削除元表示誤りを訂正(DELIDX取得元変更)
1.0.2 2015/02/20 削除範囲がMAX側で一致した場合の判定誤りバグを修正(code-10)
1.0.1 2015/02/10 公開

 

補足情報

統合処理の時はまだ楽だったのですが、

削除処理になるとCIDRの分割処理が面倒で意外と苦労しました。。。


AdMax Promotion

公開日:
最終更新日:2018/05/25

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: http://ipvx.info/ipv4/multi_cidr2_exclude/


AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)