IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

IPアドレスが、210.94.75.10で、サブネットマスクが255.255.255.248のときのネットワークアドレスは次のどれか。

ここでは、ネットにあった問題を任意で考え、
回答を行っています。

IPアドレスが、210.94.75.10で、サブネットマスクが255.255.255.248のときのネットワークアドレスは次のどれか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11140402471 より

 

質問には選択肢が書かれておらず、
選択肢は不明ですが「答えが210.94.75.8」であると書かれています。

実際に解を求めてみます。

 

とにかく速攻で答えが欲しい場合の対処

基本的な解の求め方は後述するとして、
このような問題のもっとも簡単な求め方から。

まず、サブネットマスクに着眼します。

255.255.255.248

この場合「255.255.255.nnn」となっていますので、
第四オクテットだけ考えればいいことは明白です。

次に、256-248を計算します。
※256=2の8乗です。

256 – 248 = 8

この8という数字は、
このサブネットマスクでネットワークを構成した際に、
1つのネットワーク内のIPアドレス数を示しています。

これは、0~7、815、16~23・・・と8IPアドレスごとに、
サブネットワークが構成されるということです。

 

問題ではIPアドレスが「210.94.75.10」となっていますので、
第四オクテットが「10」のとき、
どのサブネットワークに含まれるかを考えます。
※8の倍数の間隔に収まる位置を考えます。

8 < 10 < 15

の位置に10が含まれています。

8と15はそれぞれネットワークIP、ブロードキャストIPになります。

ネットワークIP: 210.94.75.8
ブロードキャストIP: 210.94.75.15

解は「210.94.75.8」となります。


こういうタイプの問題では、
ビットを考えることさえ必要ないので簡単です。

 

これはサブネットマスクの最後の値が、
構成可能なサブネットワークの最後のネットワークIPを示すことを利用しています。

 

今回の例で言えば、

210.94.75.0、210.94.75.8、210.94.75.16、210.94.75.24・・・と続き、
210.94.75.232、210.94.75.240、ときて、

210.94.75.248 が最後のネットワークIPです。

サブネットマスクは、255.255.255.248 一緒です^^

 

最後のネットワークIPから、ブロードキャストIPまでの範囲は、

「210.94.75.248 – 210.94.75.255」ですので、
「248、249、250、251、252、253、254、255」で8個です。
(256から248を引いたのは、248自体を含むためです)

 

先ほど求めたは、この1ネットワークのIP数になっているのです。

 

 

また、サブネットマスクが255.255.255.248の場合、
ネットマスクでは「/29」となりますが、

210.94.75.8/29 」というネットワークと
同列のサブネットワーク(210.94.75.0/29 等)は、

256 / 8 = 32 サブネットワークが構成可能です。
サブネットワークの構成可能数も、こうして簡単に求まります。

尚、以下のページでは「210.94.75.8/29」を入力すると、
この32ネットワークが確認できます。

 

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

正式な解の求め方

210.94.75.10で、
サブネットマスクが255.255.255.248のときの
ネットワークアドレスを求めるので、
まずはサブネットマスクをビットに戻しますが、
これも

256 – 248 = 8 をします。

 

ホストビットの桁数を求める

次に、8が2の何乗かを考えます。

頭の中で、呪文を指折り唱えます。

にーよんぱーいちろくざんにーろくよんいちにっぱにごろごーいちに

2,4,8,16,32,64,128,256,512 で、
指3本目なので、2の3乗であることがすぐに求まります。

2の3乗なので、ホストビットはになります。

サブネットマスクは「ホストビット部分がすべて0である」ことから、
第四オクテットの末尾3桁が0であることがわかります。

11111111.11111111.11111111.11111000

念のため「11111000」をWindows電卓で10進数に戻すと、
「248」なのを確認できます。

 

手元にツールやWindows電卓がないような時も、
紙とペンがあれば手計算でも確認することができます。

 

IPアドレスからネットワークビットを求める

IPアドレスが、210.94.75.10です。

サブネットマスクが第三オクテットまで255ですから、
IPアドレスでも第三オクテットまでは無視します。(共通で不変なため)

第四オクテットの「10」に着眼し、10をビットパターンに変換します。

って、頭でこれがやりにくいんですよね。。。

 

質問サイトなどでは「10はビットで「1010」なので」と、
さらっと書かれています。

 

でも、ビットに馴染みがないとこの変換がそもそも「なんで?」なんですよね。

単純に2の3乗=8

2の乗:2 はビットで10
2の乗:4 はビットで100
2の乗:8 はビットで1000

乗数の値が、0の個数を示していて、
1繰り上がった状態なのが分かります。

 

この法則を覚えておくと、

ビットで8を表すと、1000
10-8=2 が後不足していますので、
2の1乗:2 はビットで10 を求めて、
結果、10は、

1000+10 = 1010

※厳密には足し算ではなく、これはビット和です。
どちらかに1が立っているビットに1を立てるという処理です。

 

このルールが分かっていると、
手計算でどんな値のビットパターンでも単純作業で求めることができます。

 

話がそれましたが、

10のビットパターンは「1010」ということがわかりました。
IPアドレスのフォーマット8桁に直します。
頭に0を付け「00001010」となります。

サブネットマスクはビットに1が立っている部分を、
ネットワーク部とし、共通とするという意味ですので、
サブネットマスクのビットパターンとのビット積を計算します。

ビット積とは普通の掛け算と同じで、
1×1=1、1×0=0、0x1=0 で両方が1なら1になるということです。

 

まず、求めたサブネットマスクのビットパターンと、
IPアドレスの第四オクテット部のビットパターンを縦に並べて、
ビットパターンを比較します。

サブネットマスクの末尾3桁以外はすべて1なので、
その部分はIPアドレスのビットパターンがそのまま採用されます。

逆に、サブネットマスクの末尾3桁は0ですので、
IPアドレスのビットパターンが何であれ、すべて0になります。

q00000003_st01

01_ビット積でネットワークIPを求める

 

結果として、以下のように第三オクテットまでの値は、
ビットパターンを計算していませんが、
IPアドレスの値がそのまま採用されることがわかります。

また、第四オクテットの部分は、
マスクされて残った部分と0がセットされた部分で構成された、
「00001000」がビットパターンとして残りました。

q00000003_st02

02_第四オクテット以外のネットワークIP

 

ここまで求まりましたので、あとは「00001000」を、
10進数に戻して終了です。

この投稿を読んできた人には、簡単に戻せるはずです。

1000は0が3個あります。
これは、2の三乗ですから、

2^3=8

00001000(2進数)= 8(10進数)

q00000003_st03

03_ネットワークIPの決定

 

これで、めでたくネットワークIPアドレスが求まりました。

解は「210.94.75.8」となります。

ね、簡単ですよね。

 

さいごに

これまでIPアドレス関連のツールを作成したりしてきましたが、
質問サイトなどを拝見していて思ったのが、

試験など手元に電卓もツールもない状態で、
こうした問題を解く必要があるのではないかと思いました。

その為、今後の問題解説については、
あくまでも手計算を前提として紐解いていこうと思っています。


AdMax Promotion

公開日:

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。