IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

求めたバイナリ値からIPアドレスに戻す

Windows電卓のプログラマモードを利用すると、
IPアドレスなどのビットパターンを数値に戻すことも簡単に行えます。
ここでは、ビットパターンを数値に戻す手順をご紹介します。

 

求めたバイナリ値からIPアドレスに戻す

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

IPアドレスの計算で求めたIPアドレスのビットパターンは、
以下のように得られます。

1100 0000 1010 1000 0000 0000 1111 1000

これは、以下の投稿で求めたビットパターンです。

 

これをIPアドレスの形式に戻します。

Windows電卓で桁区切りのビット文字列をコピーすると、
上のような値が取得できます。

桁区切りの方法は以下でご紹介しています。

 

IPアドレスのパターンに直す

IPアドアドレスのルールに従って、
4bitで区切られているものをそれぞれ連結し、8bitにします。

1100 0000 | 1010 1000 | 0000 0000 | 1111 1000

ビット文字列で表したIPアドレスは以下のようになります。

11000000.10101000.00000000.11111000

このオクテットごとに分割されたビットパターンから、
Windows電卓で数値を求めます。

 

数値の計算

Windows電卓を立ち上げ、プログラマモードにします。

プログラマモードへの変更手順は以下でご紹介しています。

プログラマモードで[2進]・[Word または Dword]を選択し、
計算結果の表示窓部分で右クリックして、
計算したいビット文字列を貼りつけます。

bin2ip_st01

01_値の貼り付け

 

貼りつけができたら、ビット文字列が表示窓に表示されます。

ここで[2進]から[10進]にラジオボタンを変更します。

表示窓には、ビットパターンで与えた値が数値「192」として表示されます。

bin2ip_st02

02_ビット数値変換

 

この作業を、第1オクテットから第4オクテットまで繰り返し、
すべてのオクテットの数値を求めます。

求めた結果、以下のようにIPアドレスを求めることができます。

これによって、各オクテット部分のビットを数値に戻してみます。

  1. 11000000:192
  2. 10101000:168
  3. 00000000:0
  4. 11111000:254

 

ビットパターンのIPアドレスは、
「192.168.0.254」であることが計算で求められました。

このようにして、オクテット単位のビットパターンを、
それぞれ数値にすることでIPアドレスに戻すことができます。

 


公開日:
最終更新日:2015/02/23

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: http://ipvx.info/win7x64cal/bin2ip/


AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)