IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

IPアドレスをビットシフトを利用して入力する(算術シフト)

前回はWindows電卓のプログラマモードを利用して、
IPアドレスの値を入力する過程で循環シフトによる入力を行いました。
この方法で入力できる場合もあるのですが、
既に入力れた値をシフト演算してネットワークIPを求めるような場合には、
桁あふれが循環しない方が便利です。
ここでは算術シフトを利用したIPアドレスの入力例をご紹介します。

2015/02/18追記
ここではWindows電卓を利用した計算方法ですが、
こうした方法は覚えておくと何かの時に便利です。

ただ常用するにはちょっと面倒くさいので、
以下のツールを公開しています。

 

IPアドレスをビットシフトを利用して入力する(算術シフト)

ここでは、IPアドレス「192.168.0.254」を、
Windows電卓に入力する例をご紹介します。

Windows電卓のプログラマモードで立ち上げます。
[10進]・[Dword]が選択されていることを確認し「192」と入力します。

入力するとすぐに下部にビットパターンが表示されます。

input_shift_ip_st01

01_10進・Dwordモードで192を入力

 

次の第2オクテットの入力に備えて8ビット左シフトします。

  • [Lsh]をクリック
  • [8]をクリック
  • [Lsh]をクリック

 

と、操作をして8ビットシフトします。

input_shift_ip_st02

02_Lsh→8→Lshで8bitシフト・値の更新

 

ビットシフトが完了したら、第2オクテットの加算をします。

[+]をクリックして、[168]を入力し「=」をクリックします。

input_shift_ip_st03

03_シフト後の値に168を加算

 

合計値が更新されたら、第3オクテットが0ですので、
次の入力は第4オクテットになります。

第4オクテットの入力の為に一気に16ビット左シフトします。

  • [Lsh]をクリック
  • [16]をクリック
  • [Lsh]をクリック

 

と、操作をして16ビットシフトします。

input_shift_ip_st04

04_Lsh→16→Lshで16ビットシフト・値の更新

 

次に[+]をクリックして第4オクテットの[254]を入力し[=]で和を求めます。

input_shift_ip_st05

05_シフト後に254を加算

 

これで「192.168.0.254」の値が表示されています。

[2進]をクリックして表示を変更すると、
表示窓にビットパターンが表示されますので、右クリックなどしてコピーします。

後は、求めたビットパターンなどをテキストエディタなどで利用します。

input_shift_ip_st06

06_192.168.0.254の値とビットパターン表示

 

前回はここで検算をおこないましたが、今回は省略します。

 

以下へ続きます。

 


プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

公開日:
最終更新日:2015/02/17

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。