IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外を簡単に。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

Windows電卓で64bit、32bit、16bit、8bitの表示を切り替える

Windows電卓を利用したプログラマモードを利用すると、
数値を64bit、32bit、16bit、8bitの各バイトモードで表示することができます。
ここでは表示モードの変更方法についてご紹介します。

 

Windows電卓で64bit、32bit、16bit、8bitの表示を切り替える

Windows電卓をプログラマモードに変更します。
変更の手順については以下でご紹介しています。

 

プログラマモードでは起動時には64bitモードで表示されています。

上部の計算窓の直下に表示されている数時の羅列が、
計算窓に入力した数値を、バイト表示した際の表示になっています。

4桁区切りが下段(0,15,31)、上段(32,47,63)と2段に分かれて、
16個に分割表示されています。

4桁 x 16 = 64桁(bit)の表示がされています。

qword-to-byte_st01

01_プログラマモード電卓(Qword・64bit)

 

表示のモードを切り替えるには、選択されている[Qword]部分を、
他の選択肢に切り替えます。

  • Qword (64bit)
  • Dword (32bit)
  • Word (16bit)
  • Byte (8bit)

[Dword]を選択します。

qword-to-byte_st02

02_Dwordの選択

 

Dwordを選択すると32bit表示に切り替わります。

ビットの数が、4桁 x 8 = 32桁(bit)の表示に変わります。

qword-to-byte_st03

03_Dword・32bit表示

 

同様に[Word]、[Byte]の表示においても、
表示される桁数がそれぞれ変わります。

qword-to-byte_st04

04_Word・16bit、Byte・8bit表示

 

このようにして、ビット演算を行う際のbit数を、
選択して計算することができます。

このビット演算の桁に関しては、
シフト演算などの「桁あふれ」を利用する場合には重要になってくる部分です。

以下へ続きます。

 


プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

公開日:

AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

QRコードからもこのURLを開けます。