IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外、国判定を簡単に。

こんな機能欲しいけど、自分で作るの面倒くさい!みたいな思いつきを
是非Twitterで意見投げてみてください。
時間は掛かるかもしれませんがコツコツ頑張るかも!?
Twitterリンクは下部)

IPアドレスから地理的位置情報(GeoIPLocation)の検索機能を公開しました。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

API環境準備とAPIキーの取得 (CSE/Googleカスタム検索エンジンAPI)

Googleカスタム検索エンジン(CSE)をAPIから利用するには大きく2つの前提が必要になります。
APIの利用登録とAPIサービスでCSEが有効になっていることと、CSEの作成が済んでいる事です。
地味に分かりにくいこの手順を順を追ってご紹介します。
ここでは「APIの利用登録とAPIサービスでCSEが有効」の部分についてご紹介します。

本投稿は以下コンテンツの1記事になります。一連の流れは以下からご確認下さい。

私(本検証)は既にGoogleアカウントの取得と、
GoogleAPIコンソールへのアクセスの設定は済んでいますので、
途中、ログイン・登録等を促す画面が表示された場合は画面の指示に従ってください。

APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備 (CSE/Googleカスタム検索エンジンAPI)

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

Google Cloud Platform(API)にログインしてGoogle Custom Search APIの有効化を行います。
まずは、以下URLにアクセスします。

https://console.developers.google.com/apis/dashboard

適宜、Googleアカウントへのログイン、
規約に同意などを手順に沿って行ってください。

GoogleAPIs(Google Cloud Platform)が表示されます。
利用規約に同意が表示された場合、一読し、同意して進みます。

cse_get_api_key_st04

GoogleAPIs(Google Cloud Platform)利用規約同意・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

GoogleAPIs(Google Cloud Platform)のダッシュボードが開いたら、
プロジェクトの作成・選択を行います。「プロジェクトの選択」をクリックします。

cse_get_api_key_st05

プロジェクトの選択・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

プロジェクトの選択ポップアップが表示されますので、
右上の「新しいプロジェクト」をクリックして作成するか、
下部の一覧から作成済みプロジェクトをクリックして選択します。

cse_get_api_key_st06

プロジェクトの選択又は作成・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

プロジェクトの選択が完了したら、APIの有効化を行います。
今回は「Googleカスタム検索エンジンAPI(CSE API)」の利用が目的です。
「APIとサービスの有効化」をクリックします。

cse_get_api_key_st07

APIサービスの有効化・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

APIライブラリが表示されます。
スクロールして目的のAPIを探すか、検索します。

cse_get_api_key_st08

APIサービスの一覧・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

「Googleカスタム検索エンジンAPI(CSE API)」は、
「Custom Search API」として表示されています。

クリックして選択します。

cse_get_api_key_st09

APIサービスの選択(CustomSearchAPI)・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

詳細画面が表示されますので「有効にする」をクリックします。

cse_get_api_key_st10

CustomSearchAPIの有効化・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

画面がダッシュボードに戻り、しばらく有効化プログレス表示になります。

cse_get_api_key_st11

CustomSearchAPIの有効プログレス・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

作成が終了すると以下のような画面になります。
まず「認証情報」の作成から、APIキーを作成します。

cse_get_api_key_st12

認証情報の作成・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

※以下、上記とは別アカウントのキャプチャになります。

既に認証情報が作成されている場合は、一覧に以下のように表示されます。
編集する場合は「名前」をクリックするか、鉛筆アイコンをクリックします。

cse_get_api_key_st13

作成済み認証情報一覧と作成・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

新しくAPIキー(認証情報)を作成するには、
プルダウンから「APIキー」を選択します。

cse_get_api_key_st16

APIキーの作成(認証情報)・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

APIキーの作成では、APIキーの名前を入力するだけで作成できます。

必要に応じて「キーの制限」を指定することで、
このAPIキーの利用に制限を設けることができます。

APIキーは基本的にプログラムからAPIを利用する場合に使用します。
JavaScriptなどから利用する場合、APIキーはJavaScript内に埋め込んで利用されますので、
基本「公開」されることになります。

他人がそのAPIキーを利用してAPIの呼び出しを行うと、
自分のAPI使用量に他人の使用分が加算されて、1日の使用制限などに影響がでます。

場合によっては、請求を受ける事にもなりますので、
本番運用時にはこの「キーの制限」で自分のサイトドメインなどに制限することは必須です。

cse_get_api_key_st14

制限の指定・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

一覧に表示されている認証情報から、
APIで利用するものを決めてプログラム側で表示されているキーを利用します。

例えば、以下で利用しているAPIキーは以下の様なものになります。(一部変えていますので動きません)

AIzaSyAyvzyT3Zfi2621AY1dZq3mjDxinjDM31w

cse_get_api_key_st15

認証情報の一覧からの選択・APIの利用とCSEサービス有効化・環境準備

 

「Googleカスタム検索エンジンAPI」をプログラムから呼び出す場合には、
この「APIキー」だけではなく「CX」パラメータと呼ばれる「検索エンジンID」が必要になります。

次は、カスタム検索エンジンの作成手順になります。

既に作成済みの場合には、
以下手順で「検索エンジンID(CX)」の取得手順をご確認下さい。

 


公開日:
最終更新日:2019/06/20

シェア頂けると新機能開発の励みになります!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
便利!と思って頂けたらシェアを是非お願いします。
ご意見・ご批判でも感じた事を気にせずご指摘ください。

アカウント新規作成の為、是非フォローもお願いします。(無言OK)

※このページでこんな情報も一緒に見れたら便利!などの
アイディア・ご意見もお聞かせください。

また弊サイトはすべて広告費と個人の自腹にて運営・開発を行っています。
皆様、お仕事中でお忙しいことと存じますが、
ご興味がおありの広告が目に留まりましたら
広告主様のサイトもご覧いただけますと励みになります。

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: https://ipvx.info/provider-ip-zone-search/cse/get_api_key/


AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です