IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外、国判定を簡単に。

こんな機能欲しいけど、自分で作るの面倒くさい!みたいな思いつきを
是非Twitterで意見投げてみてください。
時間は掛かるかもしれませんがコツコツ頑張るかも!?
Twitterリンクは下部)

IPアドレスから地理的位置情報(GeoIPLocation)の検索機能を公開しました。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

「検索するサイト」指定と動作確認 (CSE/Googleカスタム検索エンジンAPI)

Googleカスタム検索エンジン(CSE)を利用すると、
Googleインデックスに登録されているサイトから条件に合ったものを抽出して、
確認することができるようになります。
ここでは、「検索サイト」指定と動作確認の例をご紹介します。
本投稿は以下コンテンツの1記事になります。一連の流れは以下からご確認下さい。

私(本検証)は既にGoogleアカウントの取得と、
GoogleAPIコンソールへのアクセスの設定は済んでいますので、
途中、ログイン・登録等を促す画面が表示された場合は画面の指示に従ってください。

「検索するサイト」指定と動作確認

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

以下では「Googleカスタム検索エンジン(CSE)の新規作成」についてご紹介しました。

「検索するサイト」の設定項目によって、
実際にどのような結果が得られるのかを確認する手順の紹介です。

設定の仕方と得られる結果の例はヘルプが役に立ちます。

詳細な例をこの表に記載しています:

パターン 説明 対戦 一致しません
www.example.com/ 単一ページと一致 www.example.com/
example.com/
host.example.com
www.example.com/stamps
www.example.com/* www.example.com または example.com で始まるすべての URL と一致 www.example.com
www.example.com/stamps
example.com/stamps
host.example.com/
host.example.com/stamps
www.example.com/*kites www.example.com/ または example.com/ で始まり「kites」を含むすべての URL と一致 www.example.com/kites.html
www.example.com/kites/page2.html
www.example.com/funwithkites.html
www.example.com
www.example.com/stamps
www.example.com/product.asp*cat=Elec www.example.com/product.asp で始まり「cat=Elec」を含むすべての URL と一致 www.example.com/product.asp?sku=20283&cat=Elec www.example.com
www.example.com/stamps
www.example.com/*kites*fly www.example.com/ で始まり「kites」と「fly」を含むすべての URL と一致 ww.example.com/kites/howto/fly.html
www.example.com/fly/howto/kites.html
www.example.com/kites/help.html
www.example.com/help/fly.html
*.example.com/* example.com のすべてのサブドメインと一致 www.example.com/stamps
host.parent.example.com/kites
example.com/kites/fly.html
example.host.com

(抜粋引用)URL パターン – カスタム検索 ヘルプ

 

さて、今回は以下でご紹介している機能の指定例についてご紹介します。

 

さて、この場合検索結果として知りたいURLの例は以下のようになっています。

2018/7/25追記
以下のJPNICさんのサイトを対象にしたCSE経由のIP検索は、
現在インデックスの削除に伴い
使用できなくなっています。
各自、自サイトなど目的に合ったURLへ変更ください。
自分のプロバイダのIP帯が知りたかっただけなのですが。

http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=119.228.0.0/14

これは、以下の様な検索結果に共通する部分になっています。

http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=(CIDRまたはIPアドレス)
http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=(AS番号)
http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=(組織名)

その為、検索結果に表示される内容を
「CIDRまたはIPアドレス」「AS番号」「組織名」などで絞り込みはできませんが、
それでもkeyに指定されて表示される結果だけ抽出することができます。

この場合は以下のように指定します。

http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=*

または

whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=*

プロトコル部分(http://|https://)はあってもなくても、
特に影響はないようです。

cse_create_cse_st10

検索するサイトの指定例・Googleカスタム検索エンジンの作成

 

以下は私が利用しているプロバイダ(eo光)の
「株式会社ケイ・オプティコム」さんで検索してみた結果です。

cse_create_cse_st11

検索結果の例・Googleカスタム検索エンジンの作成

 

どうでしょうか?
以前、ご紹介した検索例にかなり近い結果が簡単に得られている事と思います。

site:https://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw 株式会社ケイ・オプティコム

このように「site:」キーワード指定でも当然実現できますが、
何度も利用するような場合には、こうした画面も便利かと思います。

 

そして、この動作確認が終わったCSEを利用してAPIからの呼び出しを行う事ができます。

 


公開日:
最終更新日:2019/06/20

シェア頂けると新機能開発の励みになります!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
便利!と思って頂けたらシェアを是非お願いします。
ご意見・ご批判でも感じた事を気にせずご指摘ください。

アカウント新規作成の為、是非フォローもお願いします。(無言OK)

※このページでこんな情報も一緒に見れたら便利!などの
アイディア・ご意見もお聞かせください。

また弊サイトはすべて広告費と個人の自腹にて運営・開発を行っています。
皆様、お仕事中でお忙しいことと存じますが、
ご興味がおありの広告が目に留まりましたら
広告主様のサイトもご覧いただけますと励みになります。

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: https://ipvx.info/provider-ip-zone-search/cse/preview/


AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です