IPアドレス・ネットマスクの変換・チェック・統合・除外、国判定を簡単に。

こんな機能欲しいけど、自分で作るの面倒くさい!みたいな思いつきを
是非Twitterで意見投げてみてください。
時間は掛かるかもしれませんがコツコツ頑張るかも!?
Twitterリンクは下部)

IPアドレスから地理的位置情報(GeoIPLocation)の検索機能を公開しました。

Google or AdMax Promotion (ipvtop)

次のネットワークアドレスを求めよ。  IPアドレスが「1.1.1.130」ネットマスクが「255.255.255.192」のIPアドレスがあるとする。

ここでは、ネットにあった問題を任意で考え、
回答を行っています。

次のネットワークアドレスを求めよ。
IPアドレスが「1.1.1.130」
ネットマスクが「255.255.255.192」のIPアドレスがあるとする。

A.1.1.1.128

http://okwave.jp/qa/q8924263.html より

 

質問では何かの問題集かなにかのようです。

IPアドレス・サブネットマスクの組み合わせから、
ネットワークアドレスを求める問題です。

実際に解を求めてみます。

 

とにかく速攻で答えが欲しい場合の対処

プロモーション

Google or AdMax Promotion (ipvpos)

どうやって求めたら早いですかね。

  • IPアドレスが「1.1.1.130」
  • ネットマスクが「255.255.255.192」※厳密にはサブネットマスク

 

サブネットワーク内のIP数を求める

サブネットマスクが「255.255.255.192」ということなので、
この1つのサブネットワークに含まれるIP数を求めます。

256-192=64

一つのサブネットワークには、
64個のIPアドレスが含まれていることが分かります。

これは以下に基づいています。

 

IPアドレスがどのサブネットワークにあるか求める

64個ずつにサブネット分割されていることから、
130がどのサブネットに属しているかを考えます。

130/64=2.03125

切り上げて、3。

 

この「1.1.1.130」は3番目のサブネットワークに含まれています。

IPアドレスは0スタートなので「-1」して、

3-1=2x64=128

ネットワークIPアドレスは、「1.1.1.128」と求まります。

試験中で忙しい場合はこの解法でも十分かと思います。

ネットワークIPアドレス:1.1.1.128

 

ちなみに「192」が「11000000」というビットパターンだと知っていれば、
※よく出るので覚えてしまうもの。

上位2ビット部分が「1」なので、24+2=26

ネットマスクは「/26」だとわかります。

このネットワークをCIDRで表現した場合には、

1.1.1.128/26 と表現できます。

 

IPアドレスの範囲は以下のようになります。
「1.1.1.130」が範囲に含まれています。

1.1.1.128 - 1.1.1.191

IPアドレスを含む各ネットワーク構成を一覧で確認するには以下がご利用いただけます。

1.1.1.130 – が含まれるネットワーク構成一覧|IPアドレスを含むネットワーク範囲・規模計算ツール

 

無駄な計算はしないという方針で早く求めると、こんな感じです。

 

正攻法で求める場合

とは言え、質問サイト側では答えというより、
この考え方が正しいかという点を求めています。(問題ないと思います)

手抜きせずに計算を行った場合を考えていきます。

 

IPアドレス・サブネットマスクをビットパターンに変換

1.1.1.130と255.255.255.192 をビットパターンに変換します。

以下で簡単に求まります。

00000001.00000001.00000001.10000010 (1.1.1.130)
11111111.11111111.11111111.11000000 (255.255.255.192)

 

IPビットパターンをサブネットマスクでマスク

求めたビットパターンからIPアドレスのパターンを、
サブネットマスクでマスクします。

マスクした結果がネットワークIPアドレスになります。

マスクするに関しては「論理積」を求めるということです。
普通に掛け算の概念です。
0x0=0,1×0=0,0×1=0,1×1=1(両方が1なら1になる)

00000001.00000001.00000001.10000010 (1.1.1.130)
11111111.11111111.11111111.11000000 (255.255.255.192)
00000001.00000001.00000001.10000000 (???.???.???.???)

これでネットワークIPアドレスのビットパターンが求まりました。

サブネットマスクの後半6桁の「0」によって、
IPアドレスの末尾2桁目の「1」が「0」に変えられているのが分かります。

 

ネットワークIPアドレスを数値に戻す

ネットワークIPアドレスのビットパターンが求まりました。

00000001.00000001.00000001.10000000 (???.???.???.???)

これを数値に戻します。以下で簡単に求まります。

ネットワークIPアドレス: 1.1.1.128

 

速攻で求めた場合と一致します。

 

追加問題

さらに追加の問題が出ていましたので補足します。

Q./26で、ホストに割り当てられるIPの総数を求めよ。

 

「/26」で・・・今回の「255.255.255.192」が「/26」であると、
次の問題が言ってしまっている感はありますが、それはいいとして。

先ほどの「192」が「11000000」という部分から、
マスクビットが第四オクテットの頭2桁で「/26」となります。

2bitで表現可能な数は、

2の2乗=4 4パターンです。

255.255.255.192(/26)では「/24」のネットワークを、
4つに分割することができると言えます。

では、残りのホスト部のビット数が6桁(6bit)ありますので、
そこから割り当て可能なホスト数を求めます。

2の6乗=64

この辺は呪文で求めてください。

 

この64は1つのサブネットワークに割り当て可能な総IP数です。

ネットワークIPアドレス(最小)とブロードキャストアドレス(最大)は、
ホスト割り当て不可のIPアドレスとなりますので、
この2つは利用できません。

よって、2つのIPアドレスを除いた、

64-2=62 (ホスト割り当て可IP数)

が1つのサブネットワークで割り当て可能なホストIP数です。

 

サブネットワークが4つ構成可能でしたので、

4x62=248 (ホスト割り当て可IP数)

「/26」でホスト割り当て可能なIP数:248

 

補足

尚、サブネット部のビットパターンが、
「全て「0」又は全て「1」となるネットワークは利用すべきではない」
利用してはいけないという記述を見受けることもありますが、
これは過去の名残のようで、現在では問題なく利用できるようです。

(以下のような例)

:ネットワーク部
ピンク:サブネット部
:ホスト部

00000001.00000001.00000001.00000000
00000001.00000001.00000001.11000000

この点については後日、記事にしたいと思います。

 

さいごに

ケースバイケースでじっくり求めるのも、サクッと求めるのも、
用途に合った方法で求められたらいいと思います。

 


AdMax Promotion

公開日:
最終更新日:2019/07/13

シェア頂けると新機能開発の励みになります!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
便利!と思って頂けたらシェアを是非お願いします。
ご意見・ご批判でも感じた事を気にせずご指摘ください。

アカウント新規作成の為、是非フォローもお願いします。(無言OK)

※このページでこんな情報も一緒に見れたら便利!などの
アイディア・ご意見もお聞かせください。

また弊サイトはすべて広告費と個人の自腹にて運営・開発を行っています。
皆様、お仕事中でお忙しいことと存じますが、
ご興味がおありの広告が目に留まりましたら
広告主様のサイトもご覧いただけますと励みになります。

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: https://ipvx.info/question/qsite/q00000006/


AdMax Promotion

サイト内コンテンツ
すべて展開 | すべて省略

Google or AdMax Promotion (ipvlink)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です